脚の裏
  • ホーム
  • 抗真菌薬の塗り薬は効くの?

抗真菌薬の塗り薬は効くの?

きれいな脚

抗真菌薬には大きく分けて塗り薬と飲み薬がありますが、比較的気軽に購入することが出来るのが塗り薬です。
病院で処方されるものもありますし市販でもさまざまな塗り薬が販売されていますから、「もしかして」と思った時にすぐにでも買うことが出来ます。

ただ塗り薬には効果が無いと考えている人も多く、それが市販薬ということになると全く効果が無いとまで言ってしまう人もいます。
ですがこれについては「正しい使用法で使ったのか」と「その症状は本当に真菌によるものなのか」、そして「塗り薬で適応できる症状なのか」ということについて考え直す必要があります。
まず抗真菌薬というのは塗ってすぐに効果があるようなものではなく、ある程度の期間使い続けて初めて治療効果が期待できるようになるものです。
それを忘れてたった数日塗って「効果が無い」と言ってしまうのでは、そもそも使い方が間違っている以上効果が出ないのは当たり前です。
次いで症状についてですが、水虫のように分かりやすいものであればそれは抗真菌薬を選ぶということも簡単にできるでしょう。
ですが抗真菌薬は真菌、つまりカビの仲間にしか効果がありませんから、例えば細菌感染やウイルス感染で皮膚症状が出ているのであれば別の薬を選ばなくてはなりません。

そして塗り薬で適応できるかどうかですが、この代表例が爪水虫です。
名前に水虫と付いていることから水虫用の塗るタイプの抗真菌薬を買い求めると言う人も多いのですが、爪水虫は爪というかたい組織の奥に原因となる真菌が入り込んでいますから、塗り薬では効果が期待できません。
ここを勘違いしている人は非常に多く、結局塗り薬を使う意味は無いという結論に至ってしまうのです。
こうした使い方をしっかり徹底していれば抗真菌薬は塗り薬でも高い効果が期待できます。
特に抗真菌薬のニゾラールの水虫治療効果は高く、水虫で悩む方の中ではとても評価の高い薬です。
市販薬で効かなかった方には、通販で入手することをオススメします。
もし全く効果が無いと思ったのであればそれは自分の判断をまず疑い、専門医の診察を受けるようにしましょう。

サイト内検索
人気記事一覧
アーカイブ