脚の裏
  • ホーム
  • 抗真菌薬と診断する施設について

抗真菌薬と診断する施設について

女性の脚と色々な花

カンジダとは、もともと体にあるものですが、体が弱った時に、陰部にかゆみ、場合によっては痛みなどをもたらすやっかいな病気です。
このカンジダは、抗真菌薬のおかげで、治療をおこなうことができますが、それではその症状が、カンジダであると診断する施設はどこなのでしょうか。
これは、この場合、婦人科または産婦人科となります。
婦人科と産婦人科が併設している病院もあり、どちらでもカンジダかどうかを検査によって診断してくれます。
産婦人科及び婦人科の施設の場合には、カンジダであるという診断を行うために、患者さんの陰部を確認しなければなりません。
多くの場合、患者さんの要望などから、女性の先生が診察をおこなってくれるケースが多いです。
施設によっては、患者さんに配慮を行ってくれるため、看護師さんが傍についてくれていたり、リラックス出来るように音楽を流してくれている病院もあります。
こうして診断がされた場合には、抗真菌の薬が、カンジダ用の抗真菌薬として処方されます。

幼児がカンジダになるケースもあり、そのような場合も抗真菌薬が使われますが、その場合には診断してくれる施設はどこなのでしょうか。
上記のように、女性の大人の方の場合のカンジダでは、婦人科、産婦人科が診断をしてくれる施設ですが、幼児のおむつかぶれなどによるカンジダの疑いがある場合には、診断する施設は、小児科になります。
小児科は、街の小児科でも、大きな病院の小児科でも、どこでも検査や診察をおこない、判断をしてくれます。
または、幼児の場合はおむつかぶれである場合、皮膚科でも診断を、おこなっており、皮膚科のお医者さんの施設でも、カンジダであるかどうか、が分かります。

サイト内検索
人気記事一覧