脚の裏
  • ホーム
  • 抗真菌薬で重い副作用とは?

抗真菌薬で重い副作用とは?

両手で脚を握る女性

水虫として知られる白癬菌感染症を代表として真菌に対する感染症はよく知られているものです。
水虫は人から人へと感染が広がり、一時代前には不治の病として認識されていることもありました。
抗真菌薬として高い効果が得られるものが開発されていなかったのがその原因であり、治療を行って症状を抑えることができても完治することは困難な状況が続いてきたのは事実です。
しかし、近年になって有効性が高く、完治が可能な抗真菌薬が開発されてきたことから、水虫などの真菌感染症の多くが完治可能なものとなっています。

抗真菌薬によって真菌感染症の治療を行う場合には長期戦となることが否めません。
症状が消えてしまっても少しでも真菌感染が残っていた場合には再発してしまうリスクが高いからです。
そのため、長期間にわたって使用できるということは抗真菌薬に必要とされることです。
しかし、長期使用を行うと薬の副作用が問題になってくることが多々あります。
それが従来の治療薬の問題点の一つでもありました。

現在使用されている抗真菌薬は人にはエルゴステロールの生合成阻害などをメカニズムとするものであり、真菌の生存に必要でありながら、人には影響がない部分に作用することによって増殖抑制作用や殺菌作用を示します。
そのため、顕著な副作用がないというのが特徴となっており、長期使用にたえられるものとなっています。
重い副作用として肝障害や皮膚障害、血液成分の変化、アナフィラキシーショックなどが知られていますが、その発生頻度は極めて低いため、安心して使える治療薬としての地位を確立しています。
特に外用薬の場合には副作用が発生しにくく、軽微な皮膚障害程度で済むことが一般的です。

サイト内検索
人気記事一覧
アーカイブ